政策と規制
海塩ハイレベル創業人材政策
期日:Mar,05,2013     閲覧数:2473

  革新海塩を加速に建設ために,海塩の経済社会科学発展を推進し,海塩県は全県経済建設と社会発展を目標にめぐる。全県発展から,環境を最適に,措置を強化,一連の人材政策を制定,各類優秀な人材は海塩で仕事、創業と発展を激励。

  ハイレベル革新人材

  (一)対象範囲

  1、中国科学院を中国工程院院士、国家重点学科、重点実験室学術技術発頭人と著しく貢献した中青年科学、技術、管理専門家および国家「百千万行程」育成員。

  2、国務院承認した政府による特別手当を享受する専門家、省級著しく貢献した中青年科学技術者と省部級「人材工程」重点手当の育成員。

  3、ポストドクター研究者或いは博士卒業者研究生、正高級専門技術資格がある人。

  4、修士学位がある或いは副高級専門技術者。

  5、企業急ぎの高級管理者人材及び他の経済社会発展急ぎの人材「年度カタログ管理を実行」

  (二)特恵政策

  1、導入した人材を補助に:第一類人員は50万補助,第二類人員は30万補助,第三類人員は15万補助,第四類人員は6万補助,第五類人員は認定標準によって、1-5万元補助。

  2、導入したハイレベルは年収10万以上の人材,個人所得税からの地方財政収入は三年内個人に全額奨励,第三年から第八年まで、50%によって個人に奨励。

  3、導入したハイレベル人材の家族、子女、直系親族は直接海塩県に定住,子女の就学が優先に分配。

  4、条件が該当するハイレベル人材は優先に人材アパートを特恵借料。ハイレベル人材は各類学術交流、出国考察,関連部門が優先に提供。

  5、両院院士及び政府による特別手当を享受する人員,其々、享受の院士手当と政府特別手当は政府によって、1:1セット,規定の医療保健待遇を享受。

  創業革新発頭人

  (一)、対象範囲

  国内外の修士及び以上学位を取得,卒業後、海内外大型企業或いは有名な高校、科学研究機関で研究開発の仕事と三年の管理仕事(博士学位は海内外で一年の仕事)以上,技術を持つ、項目を持つ、資金を持つ(50万人民元以上資金)海塩で創業及び以下条件の一つを備え:

  1、国際、国内学科或いは技術分野で、広大な将来性な市場開発を持ての高技術科学研究成果。

  2、独自の知識財産権や核心技術,国際で先進な技術成果を持つ,国内の空白を補充,市場潜在力を持つ,産業化生産を持つ。

  3、海塩県の設備製造業,電子情報、生物医薬、新材料、新エレルギー、省エネ環境保護などのハイテク産業を牽引する,現代サービス業、効率的な都市農業などの先導産業は急速に発展。

  4、海塩が大広な将来性産業に形成する重大項目。

  (二)政策

  1、技術を持つ、団体を持つ、資金を持つ,海塩で創業の発頭人に、項目等級によって、財政は其々300、200、100、60万人民元を奨励。

  2、人材に100キロメートルの回転家,研究開発型項目に100キロメートル以上の仕事場所を提供,三年内借料が無料。

  3、企業創立後の三年内、所得税が形成した地方財政収入部分,企業に全額あげる、それを研究或いは生産を広める

  4、創業革新の発頭人は海塩で最初住居を購入,財政は50%の住居補助を与える,最高は35万人民元。

  重点革新チーム

  (一)、対象と条件

  革新チームはチームの発頭人を中心,チーム協力を基礎に,明確目標が有る,機会と項目を頼りに,企業、事業単位で革新創造の人材チーム,及び以下条件の一つを備え:

  1、 目立つ革新成果と高いレベル革新水準を持つ。

  2、 一定規模と合理構造の革新チーム。

  3、 チームの発頭人が履职必要の良好な素質を備え。

  4、 チーム研究方向は創業発展の要求に符合。

  5、 良い革新革新機会と革新構造。

  6、 良い社会効果と経済効果。

  (二)、政策

  1、重点革新に組み入れるチームは20万元の革新補助を与える;市重点革新に組み入れるチームは30万の革新補助を与える;省重点革新に組み入れるチームは60万の革新補助を与える;国家重点革新を組み入れるチームは100万の革新補助を与える。

  2、重点革新チームの中心人員は海塩で最初住居を購入,財政は3-8万元の購入補助を与える。

  3、重点革新チームの中心人員は海塩で最初住居を購入いない,単位或いは入所創業は100キロメートルの転回家或いは人材アパートを提供,財政は転回家の三年借料補助を与える。

  4、学術補助、医療保障、家族就業及び子女就学など方面に特恵政策を与える。

  企業の人材を導入が奨励

  1、企業にハイレベル革新人材を導入,社会保険と住宅積立金が一年以上溜まる,企業に一回限りの奨励,その中:第一、二類人員に一人一人5万元を奨励;第三類人員に一人一人1万元を奨励;第四類人員に一人一人5000元を奨励;第五類人員に一人一人1000元を奨励。

  2、企業ボストドクター科学研究ワークステーションの申告を奨励,申告成功及びボストドクターがあるワークステーションに、県財政が一回限りの10万元科学研究経費を補助,仕事期間,毎月ボストドクターに2000元の技術手当を補助。ボストドクター研究満期後,海塩で仕事の、人材特恵政策を与える。

  3、企業に国外技術を導入を奨励。申告が批准いない項目,経関連部門の認定後,一つごとに完成、申告単位に1-5万元の奨励を与える。

  4、市級以上の企業技術(研究開発)中心、ハイレベル人材は技術研究開発に参入を奨励。技術研究開発項目後,政府が一回限り企業に5000元―3万元の補助。

  5、単位が政府と一緒に県外でハイレベル人材を招聘,政府が宣伝及びブース費を負担。
 

ホーム    |    海塩について    |    投資ガイド    |    投資の話    |    工業の特徴    |    パークの紹介    |    ニュース    |    投資情報    |    ビデオ    |    連絡