開発区
海塩県澉浦工業園区
期日:Apr,27,2013     閲覧数:5321

海塩県の澉浦工業園区は,企画面積は7.1平方キロメートル,2025年は約3.25平方キロメートルまで発展。区内現有工業建設用地は1000余り畝,直接に使用ができる。港工業,先進装備創造業の導入、新しいエレルギーなどの臨港産業,産業関連度の高い、上下流の能力強いプロジェクトを吸収。工業区内の長さは3.2キロメートル,広さは30メートル。東山大道の建設はもう完全した,干拓区の水防閉鎖工程は検査完成,20万ポルト高圧線路、水道管が基本敷設。目前、区内の企業が35家,11年まで実現生産額は84856万元,税収は2786.3万元。

澉浦工業園区は目前“一心、二軸、三帯”を企画構造の開発建設構想が形成:一心は核心の総合機能区。現代科学園区の中心地区は機能活動の多様化を体現。そのために,工業園区の中心部分で,研究開発、管理、展示などの機能を一体に,最も活力と競争力の会場の核心に形成;二軸は園区の南北発展軸。建設終わった東山大道の広さは30キロメートル,工業園区で中部に,両側は録地帯。園区対外の主要な通路として,東山大道は景観大道、秦山大道の接続を依存し,園区の交通ハブになり,園区の全体形象を代表。長青路は澉浦鎮の主要道路として,鎮域の発展は経済の命脈,機能区の主要入口も長青路に。道路の広さは12メートル,澉浦鎮は生態景観を中心な道路に塑像,西側は長山川に沿って、15メートルの録地帯を設立,発展軸の特色を十分に体現。次の三年に,澉浦鎮は周りの基礎施設を快速に建設,発展軸の関係をつける,飛躍成長の発展に達する;三帯は長山沿岸の暇録地帯で、園区内沿海塘両側の景観録地帯、園区内部は曲線状河の河濱暇録地帯。録地帯の内部に林帯、歩行小径、亭、台、シートなどに施設,規模の異なる、特色的な広場、芝生,開放性、半開放性な特色の空間を形成,人々の休憩、駐留、交流、展望など違う活動需用。

 

ホーム    |    海塩について    |    投資ガイド    |    投資の話    |    工業の特徴    |    パークの紹介    |    ニュース    |    投資情報    |    ビデオ    |    連絡