開発区
海塩経済開発区武原新区
期日:Mar,04,2013     閲覧数:5291

  海塩経済開発区武原新区は海塩県の北部に位置し,上海、杭州、寧波、蘇州四つ大都市の中心に位置し,距離上海虹橋空港、上海浦東空港、杭州萧山空港、寧波栎社空港及び上海港、寧波港はそれぞれ100キロメートル以内,距離嘉興港海塩港区は10キロメートル,杭浦高速道路、四級航路杭申線備えられ,交通地域の優勢が顕著。

  新区総計画面積は7キロメートル,工業区、市場区と新城区三つに区分け,産業定位は:現代製造業、都市商業貿易業と現代物流業。新区は都市の新しい発展を目標に発展,「海塩都市北部工業商業貿易新港」を建設。2020年に新区住民人数は2.2万人,就業人数は3.7万人,工業生産額は180億に達する,工業増加値は36億元に達する,三産増加値は26億元に達する。

  新区地理位置優越,施設が整備,柔軟な開発モデル,優遇政策,海内の外有識者は来て投資ことが歓迎。
 

ホーム    |    海塩について    |    投資ガイド    |    投資の話    |    工業の特徴    |    パークの紹介    |    ニュース    |    投資情報    |    ビデオ    |    連絡