ロケーション: ホーム > 海塩について
海塩について
気象条件    |    交通の区域    |    人文環境
        海塩県は浙江省の北部杭嘉湖平原に位置し。周りは上海、杭州、蘇州と寧波四つ大都市があり。地理地域の優勢が顕著で;古い歴史と文化、豊富な観光資源と急速な経済;これらは海塩が中国の35位になって原因。

        歴史:    海塩は崧泽文化の発祥地の一つで,今から5000数年前の県境には人々が牧漁活動に従事して。秦王政二十五年(西暦前222)置県。“海滨广斥,盐田相望”によって有名になる。

        1949年5月7日,海塩解放。1950年5月,獅嶺郷の3個行政村海寧県へ区分,平湖県の10個行政村海塩県へ区分。1985年11月21日,海塩県編制を取り消す海寧へ合併,その中西塘橋、海塘、元通3個郷は平湖へ区分。1961年12月15日,海塩県が回復,2個町16個公社,獅嶺郷はまた海寧に属し。1983年,公社を取り消し郷を建設。1985年8月,澉浦、通元、西塘橋は郷を取り消し町を建設。経済の発展につれて,于城、百步、秦山は郷を取り消し町を建設。1999年,町の行政区分,9個町3個郷。2001年10月,町の行政区分がまた調整,武原、沈荡、澉浦、秦山、通元、西塘橋と于城,すなわち8町。

        人口:   2003の年末,海塩県は武原町、秦山町、澉浦町、通元町、元通町、百步町、西塘橋町と于城町,全部で8町23住民委員会104村があって。海塩には常住人口は約36.5万。

        経済発展:   総合 海塩の経済は急速に平穏発展。嘉興市統計局が統一計算によって,全県の総生産数は272.40億元,同期比べて9.5%増え。中には、第一産業は20.63億元増え,同期比べて5.1%増え;第二産業は171.02億元増え,同期比べて9.3%増え,その中:工業は159.82億元増え,同期比べて9.9%増え;第三産業は80.75億元増え,同期比べて11.7%増え。原子力発電所を言えなく,全県地区総生産数は203.33億元増え,同期比べて11.3%増え。第一、二、三産業の総生産数比率は去年の7.5:63.6:28.9から7.6:62.8:29.6に調整。年平均戸籍人口計算によって,一人当たり地区総生産数は72854元(11280ドル)。

        社会事業:   科学技術や教育 科学技術だんだん向上。全県研究と試験発展経費は50.63億元,22.2%増え,GDPの2.1%を占める。全県地方財政一般予算支出中,科学技術支出は10310億元,去年25.4%増え。全県高新技術企業は78家,去年より11家,省科学技術型中小企業は103家,去年より17家増え,全県専利申込み受理量は1154件,専利申込み授権量は840件,其々去年より24.0%と1.0%増え,専利の申込み授権量中発明専利は52件,去年より1倍増え。 教育事業協調発展。全県小学校は23所,在校学生は23238人,教師は1461人;普通中学は16所,在校学生は21603人,教師は1625人。九年義務教育対象入学率は100%。中学校と高等学校卒業生の入学率は其々98.49%と97%。職業教育、成人教育発展が続けて,現有職業中学は3所,在校学生は6032人,教師321人。全県普通高校へ輸送新生は2216人,輸送高職(単考単招)は460人。 全県11640人は学歴教育と非学歴教育証書の自学試験を参加。
ホーム    |    海塩について    |    投資ガイド    |    投資の話    |    工業の特徴    |    パークの紹介    |    ニュース    |    投資情報    |    ビデオ    |    連絡